レアル クラシコ敗戦後にホーム観客数が減少している!?

レアルのホーム観客数が、クラシコでのバルサとの敗戦後に減少してきているようです。昨シーズンは90%の占有率だったのが、73%の試合等が出てきている模様。


レアル・マドリードは、11月21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第12節バルセロナ戦で0-4と大敗して以来、観客動員数が減少していることがわかった。21日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 今シーズン、レアル・マドリードはバルセロナ戦までホームで行われた公式戦全8試合で70,000人以上の観客動員数を記録。最大収容可能人数の84,000人を満員にしたのは、バルセロナ戦とチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節パリ・サンジェルマン戦の2試合あった。

 しかしバルセロナ戦の後、観客数は右肩下がり。5日に行われた第14節ヘタフェ戦での観客数は65,000人に満たず。さらに、20日の第16節ラージョ・バジェカーノ戦に至っては61,000人台までに減少し、占有率は約73パーセントにまで落ちた。

 昨シーズン、レアル・マドリードの本拠地サンチャゴ・ベルナベウのリーグ戦平均観客動員数は72,777人であり、占有率は89.9パーセントを記録していた。現時点で今シーズンの平均観客動員数は71,966人であり、800人ほど減少していることになる。

参照元: レアル、バルサ戦大敗後のホーム観客数が減少…占有率73%の試合も | サッカーキング

なんか結構厳しいですね。現在のバルサはかなり強いですからね。
監督もかなり言われるし、前の試合の10点もとったのに、ゴールを決めた後にクリスティアーノ・ロナウドが味方のファンからディスられるとか・・・・・

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース