脱税騒動でネイマールの契約延長は影響するのか?クラブ側は契約延長には楽観視

脱税騒動でバルセロナを離れるかもしれないと噂されているネイマールとメッシ。そのネイマールの契約延長に関しての記事です。


バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は、FWネイマールの契約延長について楽観的な姿勢を示している。

2013年にサントスからバルセロナに移籍したネイマール。だが移籍の際にバルセロナのサンドロ・ロセイ元会長やジョゼップ・バルトメウ現会長らが脱税を行ったとの疑いがあり、事態は裁判沙汰にまで発展している。

このような状況がネイマールのバルセロナ退団につながるとの見方もある。現に同選手の父親が先日スペインから離れる可能性を認めていた。しかしながら、ロベルトSDはスペイン『TV3』で以下のように述べた。

「契約更新の意思があれば、我々は必ず合意に至ることができる。それは分かっているんだ。全員がネイマールのバルセロナ残留に賛同しているよ。選手自身が公言してきたことであり、彼の周囲の人間も同様だ。ネイマールはここで満足している。それが一番大事なんだ」

「冷静に対応しなければいけない。我々はラフィーニャと契約延長を行ったばかりだ。ネイマールとの契約延長においても合意に至るはずだ。私は合意を確信している。ネイマールは今後長い間バルセロナの選手として続けるだろう」

参照元: バルサSD、ネイマールの契約延長を楽観視 「合意に至るはず」 - ライブドアニュース

なにかメッシも、プレミアにいくかもみたいな記事ありますが、多分ネイマールも、メッシも移籍しないでしょう。チーム状態も悪く無いですし、個人的な事なので移籍までにはならないとおもいますけどね・・・・アーセナルが、メッシの年俸捻出するために頑張ってるらしいですがw
私もガナーズですが、期待してませんww

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース