マイコン「バルサ強すぎ 1-6で済んでよかった」

チャンピオンズリーグのバルセロナ対ローマ 6-1で負けてしまったが、マイコンは6-1で済んで良かったとコメント


ローマは24日、チャンピオンズリーグ・グループE第5節でバルセロナに敵地で1-6と大敗した。DFマイコンは欧州王者の強さを認めている。

同日に行われた試合でレヴァークーゼンとBATEボリソフが引き分けていたため、勝ち点を獲得したかったローマだが、クラシコでレアル・マドリーに4-0と大勝していたバルセロナを止めることはできず。FWリオネル・メッシとルイス・スアレスに2得点ずつを許すなど、大量失点で敗戦を喫した。

「試合を巻き返そうと思ったけど、何もできなかった。1-6で済んで良かったよ。もっとゴールを取られてもおかしくなかったからね。残念だけど、常にボールを保持しているのはバルサだった。だから彼らと対戦するのは難しいんだ」

「僕たちが何かを変える必要はない。今日(昨日)の試合でやったようなことをやらずに、自分たちの道を進むだけだ。日曜日には大事な試合があるし、切り替えなくてはいけない。今夜(昨夜)のことは忘れて、アタランタ戦に集中しなければね」

チャンピオンズリーグのハイライト バルサ対ローマ戦

参照元: バルサの強さを認めるマイコン 「1−6で済んで良かった」 - ライブドアニュース

試合ハイライトでみましたけど、まじでバルサ強すぎですね。マイコンのコメントも少しわかる。
大量失点してしまって、途中からローマ集中きれてましたね。特にPKのシーンなんかGK止めたのに、フォロー行ってなくて詰められて可哀想だった・・・

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース