ポチェッティーノ、バルセロナ監督就任をもう否定せず「以前はバルサ指揮より農場で働くと言ったが、今は言わない」


アルゼンチン人指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏が、過去にバルセロナ監督就任の可能性を拒絶したことを撤回した。ポチェッティーノ氏は2018年にバルセロナ監督就任の可能性が報じられたが、その宿敵であるエスパニョールを率いた過去もあることから、その報道を否定。「バルセロナを指揮するより、アルゼンチンにある私の農場で働きたい」と話していた。しかしスペイン『エル・パイス』とのインタビューに応じたポチェッティーノ監督は、バルセロナ監督就任という選択肢をもう 全文
Goal.com 08月02日 22時38分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース