ミリトン、目まいで途中退席したレアル入団会見を振り返る「あれだけ多くの記者を前に会見したことなく、話せなくなった」


レアル・マドリーDFエデル・ミリトンが、同クラブの入団会見で起こったハプニングについて振り返っている。レアル・マドリーがDFに支払う移籍金としては最高額となる5400万ユーロで、昨夏に同クラブに加入したミリトン。ブラジル代表DFはその入団会見で目まいを起こしてしまい、途中退席を余儀なくされた。スペイン『アス』とのインタビューに応じたミリトンは、その出来事について次のように振り返っている。「その会見の前日、カセミロからレアル・マドリーは世界最高のクラブであり 全文
Goal.com 08月02日 23時33分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース