インテル戦でヤングとマッチアップのボローニャ冨安健洋、伊主要紙の評価は?「屈辱も味わった」

5日のインテル戦に先発出場したボローニャの日本代表DF冨安健洋について、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが6日、評価を下した。ボローニャは5日、セリエA第30節においてアントニオ・コンテ率いる3位インテルと敵地ジュゼッペ・メアッツァで対戦。22分にFWロメル・ルカクに先制点を許したが、後半に入り途中出場の18歳MFムサ・ジュワラが74分に同点弾をマークし、80分にはFWムサ・バロウが勝ち越し点を挙げて、2-1で逆転勝利を収めた。21歳の冨安は右サイドバックで8試合 全文
Goal.com 07月07日 19時00分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース