大阪ダービーで負傷したG大阪FW小野裕二、左眼窩底骨折と診断…全治は発表されず

 ガンバ大阪は7日、公式サイトを更新し、FW小野裕二の負傷について発表した。 小野は7月4日に行われた明治安田生命J1リーグ第2節セレッソ大阪戦に途中出場した。1-2で敗れたこの試合で69分に倉田秋と交代でピッチに入り、相手選手と接触。その後治療を経て出場を続けていた。 小野はC大阪戦の試合中に負傷。左眼窩底骨折と診断されたようだ。なお、治療にかかる期間は発表されていない。

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース