チャナティップが見据える、コンサドーレの今とその先。「札幌とともに、世界へ」を体現し、Jリーグの主役に

 もはや、『タイのメッシ』でも『タイ人Jリーガーのパイオニア』でもない。まごうことなく、明治安田生命Jリーグを代表する選手の1人となった、北海道コンサドーレ札幌のアタッカー。それがチャナティップ・ソングラシンだ。 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のユニークで攻撃的なサッカーのなかで、チャナティップは特別な存在感を示す。神出鬼没に相手MFとDFのライン間に顔を出し、ボールを受ければたちまち相手に混乱を...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース