ロヴレン、選手として社会問題の解決へ決意「重要なのはサッカーを通して何を伝えられるか」

 リヴァプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが人種差別について言及した。4日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。 同メディアのインタビューに登場したロヴレンは、近ごろ物議を醸している人種差別問題についてコメント。5月25日にアメリカのミネソタ州で、黒人男性のジョージ・フロイド氏が警察官による拘束を受け亡くなったことについて、自身の見解を以下のように語っている。「...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース