居場所失うベイルだが…代理人は移籍を完全否定「レアル・マドリーで引退も考えている」


レアル・マドリーで居場所を失うFWギャレス・ベイルだが、退団する意思は全くないようだ。代理人が明かしている。昨季途中のジネディーヌ・ジダン監督復帰以降、ますます立場が厳しくなっているベイル。昨夏も放出候補であったが移籍せず、今季序盤戦こそ起用されていたが、負傷もあってベンチやメンバー外が続いている。スペイン複数メディアは、クラブ上層部が今夏の放出を最優先にしているとも伝えている。しかし、ベイル本人はマドリードで幸せを感じているという。代理人ジョナサ 全文
Goal.com 06月05日 12時11分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース