ロジャース監督、3月にコロナ感染していた「3週間、においも味もなかった」

 レスターのブレンダン・ロジャース監督が3月に新型コロナウイルスに感染していたことを明かした。29日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。 ロジャース氏は感染時を振り返り、「歩くのもままならず、キリマンジャロを登ったときのような気分だったよ」と“息切れ”に苦しんだという。また、「3週間、においも味もなかった。私には力がなく、その一週間後には妻も同じだったよ。検査をしたら二人ともウイルスが検出...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース