ヴェンゲル「何かを成し遂げた唯一の存在でありたい」リヴァプール無敗優勝失敗への心境明かす


元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は、古巣に帰るつもりはないと主張し、リヴァプールが今シーズン初黒星を喫したときの心境にも言及した。1996年にアーセナルの指揮官へ就任したヴェンゲル氏。2018年までの22年間にわたる長期政権を築いた同氏は、2003-04シーズンの無敗優勝を含む3度のプレミアリーグ制覇を成し遂げるなど、プレミアリーグを象徴する1人である。現在は国際サッカー連盟(FIFA)で世界のフットボール発展事業に携わる70歳のフランス人指揮官は、『beINスポ 全文
Goal.com 05月24日 07時48分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース