昨日の敵は今日の友…職を失った2人の指揮官がカフェで話していたことが明らかに

 マウリシオ・ポチェッティーノ氏はトッテナムでの職を失った後、元アーセナル指揮官のウナイ・エメリ氏と再会していたことを明かした。22日、イギリス紙『メトロ』が報じている。 今季開幕時にトッテナムを率いていたポチェッティーノ氏は、序盤の成績不振により昨年11月に電撃解任を受けた。一方ライバルであるアーセナルを率いたエメリ氏も、同じくチームの低迷が理由で解任。ノースロンドンの2クラブの指揮官が職を失...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース