出場機会減で退団も噂されたラングレ、バルサ残留を望む「来季もここでプレーを続けたい」

 バルセロナに所属するフランス代表DFクレマン・ラングレが、自身の将来について言及した。21日付けでスペイン紙『アス』が報じている。 今シーズン、ここまでリーグ戦19試合に先発出場を果たしているラングレ。しかし、今年の1月にバルセロナがキケ・セティエン新監督を迎えてからは3月1日の“エル・クラシコ”でDFサミュエル・ユムティティにスタメンを譲るなど、出場機会を減らしている。3月中にはラングレの代...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース