「事実を言ったまで」同胞への辛辣発言で物議醸すベンゼマ、火に油を注ぐ


元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、同胞FWオリヴィエ・ジルーについて再び意見を述べた。2005年にリヨンでデビューして以降、瞬く間に世界トップクラスの選手となったベンゼマ。2009年に加入したレアル・マドリーでは、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)三連覇に大きく貢献するなど、現在も主力として活躍している。しかしフランス代表では、2015年に当時のチームメイトであるマテュー・ヴァルブエナの恐喝事件に関与した疑いで追放された。その後“レ・ブルー”は、EURO2016で準 全文
Goal.com 03月31日 12時00分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース