指導者の道を目指すピルロ氏、かつて移籍寸前だったクラブに言及「バルサが私を待っている」

 現役時代にミランやユヴェントスなどで活躍した元イタリア代表のアンドレア・ピルロ氏が、指導者になった際の展望について言及した。30日に、スペインのラジオ局『カデナ・セール』が報じている。 現在40歳のピルロ氏は、現役時代に“希代のレジスタ(指揮者・演出家)”と評され、特にミランやユヴェントスで重要な役割を演じてきた。2017年11月に引退を表明し、現在は指導者の道に進むことを目指しているようだ。...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース