なぜ日本はコロナ感染者が少ない?関わり深い代理人が「距離感」を指摘


トーマス・クロート代理人が、ドイツ誌『キッカー』のインタビューで日本での新型コロナウイルス感染者数が少なさについて言及。来日した際に自ら経験した日本人の「距離感」について語った。現役時代はケルンやフランクフルト、ハンブルガーSV(HSV)やボルシア・ドルトムントでプレーし、ケルンでは現横浜FC取締役会長の奥寺康彦氏の同僚でもあったクロート氏。代理人としては元日本代表FW高原直泰のHSV移籍を始めとし、香川真司(→ドルトムント)、内田篤人(→シャルケ)ら数多く 全文
Goal.com 03月29日 18時30分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース