昨夏プレミア復帰の可能性があったコウチーニョ、トッテナム移籍を止めたのは…


ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョには、昨夏プレミアリーグ復帰の可能性があったようだ。『ミラー』が報じている。コウチーニョは今シーズン、バルセロナからバイエルン・ミュンヘンへとレンタル移籍。一方で、昨夏にはトッテナム移籍の可能性があり、ダニエル・レヴィ会長も前向きに検討していたようだ。コウチーニョ獲得を反対したのは、当時の指揮官であるマウリシオ・ポチェッティーノ。より若い選手とともに仕事をすることを望み、チームにスター選手を加えることに前向きで 全文
Goal.com 03月29日 19時05分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース