ドイツ初の感染選手が回復…ハノーファーDF「外に出られるのが嬉しい」

 MF原口元気が所属するハノーファーのドイツ人DFティモ・ヒューヴァーズが、新型コロナウイルス感染症から回復した。クラブ公式サイトが25日に伝えた。 現在23歳のヒューヴァーズは11日に、ドイツのプロ選手では初となる新型コロナウイルスへの感染が確認され、自宅での隔離の措置を取っていた。14日にはクラブ公式サイトのテレビ電話でのインタビューに応じ、「具合はかなりいい。軽いインフルエンザみたいな症状...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース