元バイエルンGKが明かすペップの練習「ノイアーは完璧だった」


元バイエルン・ミュンヘンGKルーカス・レーダーは、ジョゼップ・グアルディオラの素顔について『Goal』の独占インタビューで明かしている。レーダーは2012年から2014年までバイエルンでプレー。2013-14シーズンからペップがミュンヘンへやってきたため、1年をともに過ごした。当時のバイエルンは“ティキ・タカ”と呼ばれる圧倒的なポゼッションスタイルを構築し、GKマヌエル・ノイアーはスイーパー・キーパーとして高い位置でプレー。新しいスタイルでブンデスリーガを席巻していた。 全文
Goal.com 03月25日 22時10分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース