アトレティコに約144万円の罰金処分…昨年のバルサ戦でグリーズマンに攻撃的チャント

 2019年12月1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節・バルセロナ戦の試合中にサポーターが攻撃的なチャントを行ったとして、アトレティコ・マドリードがスペインサッカー連盟から12,000ユーロ(約144万円)の罰金を科された。27日に、アメリカメディア『ユーロスポーツ』が報じている。 試合中にアトレティコサポーターの標的となったのは、バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだ...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース