冨安健洋、ボローニャ加入時から市場価値は「少なくとも倍に」…一方でクラブに売却の意思なし

ボローニャでプレーする日本代表DF冨安健洋は、加入当初からすでに市場価値を2倍にまで高めたようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。冨安は昨夏、シント=トロイデンからボローニャへと加入。セリエA初年度ながら、右サイドバックとしてスタメンに定着すると、リーグ戦19試合に出場。ボローニャにとって必要不可欠な選手となっている。シント=トロイデンからは700万ユーロ(約8億4000万円)で加わったが、すでに市場価値はその倍にまで跳ね上がっているようだ。同 全文
Goal.com 02月27日 14時10分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース