レスター指揮官、敵地でウルヴスに苦戦もドロー決着に安堵「カウンターが常に脅威だった」


現地時間14日のプレミアリーグ第26節、ウォルヴァーハンプトンvsレスターの一戦はスコアレスドローに終わった。3位レスターは暫定2位に浮上するチャンスを逸したが、レスター指揮官ブレンダン・ロジャーズは「10人でクリーンシートを達成することができてよかった」と、敵地での勝ち点1奪取に安堵の表情を浮かべた。指揮官ロジャーズは『BBC』のインタビューを通して「今日のレスターは勝ち点奪取に値する試合だったと思う。それにしてもウルヴスのカウンターは常に脅威となっていた」 全文
Goal.com 02月15日 11時40分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース