クリンスマン氏が明かす電撃辞任の理由…クラブ側は「ビジネスライフでは許されない行動」


ユルゲン・クリンスマン氏は12日、自身のフェイスブックで、先日ヘルタ・ベルリン監督に就任してからわずか10週間で辞任を決した理由について語った。昨年11月にヘルタの監査役会に招へいされていたクリンスマン氏はそのわずか3週間後に残留争いに巻き込まれていたヘルタの新監督に就任すると、チームはその後10試合で3勝3分け4敗と成績が安定。メディアに対してはヘルタの数年以内のビッグクラブ化を目標に掲げる強気発言や、自身主動と見られるクラブの冬の移籍市場での積極的な補強 全文
Goal.com 02月14日 07時21分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース