ロナウド氏、バルサ退団の真相を激白「私はチームに残りたかった」

 かつてインテルやレアル・マドリードなどで活躍した元ブラジル代表FWロナウド氏が、自身の現役時代について語った。12日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。 取材に応じたロナウド氏によると「バルセロナから移籍したくなかった」ようだ。 1996年にPSVからバルセロナに移籍したロナウド氏は、リーグ戦で37試合34得点という驚異的な数字を残し得点王に輝く活躍を見せた。しかしその翌年、当時の史上最...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース