パリOBがトゥヘル監督を猛烈批判「カタールのオーナーの下では最悪の指揮官」

 パリ・サンジェルマンのOBであるルイス・フェルナンデス氏が、現在チームを率いるトーマス・トゥヘル監督について言及した。ドイツのニュース通信社『DPA』が13日に伝えている。 ルイス・フェルナンデス氏は1978年から1986年の8年間パリで活躍し、現役引退後は2度同クラブの指揮官を務めた。一方のトーマス・トゥヘル監督はドイツでマインツやドルトムントの監督を経て2018年からパリで指揮を執っている...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース