仙台がMFイサック・クエンカの右ひざ半月板負傷を発表…スペインに一時帰国して手術


ベガルタ仙台は13日、MFイサック・クエンカの負傷を発表した。クラブ公式サイトによれば、クエンカは右ひざの半月板を痛めて5日にスペインに一時帰国。10日に手術が実施された。なお、手術は成功し、経過観察後に診断名と全治が確定することも伝えている。スペインの名門バルセロナの育成出身のクエンカは、昨シーズンに鳥栖に加わってJリーグデビュー。明治安田生命J1リーグ29試合6ゴールを記録し、今シーズンから仙台に完全移籍で加わっていた。 全文
Goal.com 02月13日 19時45分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース