仙台MFクエンカ、右ひざ半月板の手術で戦線離脱へ…復帰時期は未定

 ベガルタ仙台は13日、MFイサック・クエンカが右ひざの半月板を手術したことを発表した。公式サイトで伝えている。 発表によると、右ひざの半月板を痛めたクエンカは今月5日に母国スペインへ帰国。その後、現地時間の10日に手術を行い、無事成功に終わったという。回復にかかる期間は未だ明かされておらず、復帰時期が確定次第、改めて発表されるようだ。 クエンカは昨シーズン、サガン鳥栖で29試合に出場し6得点...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース