クロップが南野のプレミアデビュー戦を評価「最初としては並外れていた」


リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、南野拓実のプレミアリーグデビュー戦を評価している。英紙『ミラー』が報じた。リヴァプールは23日、プレミアリーグ第24節でウォルバーハンプトンと対戦。南野はプレミアリーグ3試合連続でベンチスタートとなったが、サディオ・マネの負傷で出場機会を得ることに。33分から途中出場し、プレミアリーグデビューを飾った。試合にはロベルト・フィルミーノのゴールで2-1と勝利したものの、南野は大きなインパクトは残せず。クロップ監督は「タキ 全文
Goal.com 01月24日 09時00分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース