ローマ、リヴァプールFWシャキリ獲得を断念…代案はソシエダFWヤヌザイか


今冬の移籍市場でローマはリヴァプールのスイス代表FWシェルダン・シャキリを狙っていたと伝えられた。だが、ユルゲン・クロップ監督はウイングの戦力としてシャキリを計算しており、移籍を容認せず。そこでローマは異なるサイドアタッカーに照準を定めているようだ。ローマはシャキリの獲得を諦め、レアル・ソシエダのベルギー代表FWアドナン・ヤヌザイにターゲットを変えたと『Eurosport』イタリア版が伝えている。「クロップは手駒の一つ、シャキリをロックした。そこでローマはBプ 全文
Goal.com 01月23日 22時10分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース