ベイル、トッテナム復帰に近づく? 両クラブ会長が会談、モウリーニョも関心か

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、古巣トッテナムへ復帰する可能性があるようだ。21日にスペイン紙『アス』が報じた。 『アス』によると、トッテナムのダニエル・レヴィ会長がマドリードを訪問し、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長と会談。レヴィ会長はペレス会長にベイルについて尋ね、彼を復帰させることに関心を示したという。両会長の関係は良好で、会談はリラック...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース