アーセナルMFジャカは残留へ…実兄タウラントが証言「グラニトは残りたいと言っている」


アーセナルの前主将、スイス代表MFグラニト・ジャカは、今冬のドイツ行きがうわさされていたが、その話は収束し、アーセナル残留に向かっているようだ。今季からアーセナルの主将に任命されたジャカだったが、10月27日のクリスタル・パレス戦では途中交代となり、その際に問題行動をピッチ上で見せてしまう。ブカヨ・サカとの交代でベンチに下がる際にファンからブーイングを浴び、ジャカは耳に手を当ててサポーターを挑発。暴言を吐き捨て、ユニフォームを脱ぎながらドレッシングルー 全文
Goal.com 01月11日 20時30分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース