ベストヤングプレーヤー賞候補13名が発表!湘南から杉岡大暉ら最多4名、大迫敬介がGKとして唯一選出


Jリーグは7日、2019シーズンの『ベストヤングプレーヤー賞』にノミネートされた13名を発表した。ベストヤングプレーヤー賞は、1998年4月2日以降に生まれ、今シーズンの明治安田生命J1リーグで17試合以上に出場している選手が対象。また、過去に同賞および新人王を受賞した選手は対象外となる。今回は、J1参入プレーオフ圏の16位でシーズンを終えた湘南ベルマーレから、DF杉岡大暉やMF齊藤未月ら最多4名が選出。サンフレッチェ広島からは、ゴールキーパーとして唯一GK大迫敬介が名を連 全文
Goal.com 12月07日 20時21分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース