大分MF小林成豪が左第5中足骨疲労骨折で手術…全治3カ月


大分トリニータは12月5日、MF小林成豪が左第5中足骨疲労骨折により全治3カ月と診断されたことを発表した。クラブの発表によれば、小林は11月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節のベガルタ仙台戦にて、試合中に負傷。今回の診断を受け、福岡市内の病院で手術が行われたことも伝えられている。なお、今後は経過を見ながらリハビリを開始していく予定とのことだ。小林は今シーズン、J1リーグ7試合2ゴールの成績。チームが残留を確定させているなかで、12月7日の最終節を待たずして 全文
Goal.com 12月05日 17時40分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース