田中マルクス闘莉王が現役引退を発表…最も印象的なシーンは「コマちゃんのPK」

 元日本代表DF田中マルクス闘莉王が12月1日、2019シーズンをもって現役引退することを発表した。 現在38歳の闘莉王はブラジル出身で、渋谷幕張高校卒業後の2001年にサンフレッチェ広島へ加入した。その後水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、2004年からは浦和レッズで活躍。J1リーグ優勝やAFCアジアチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、2006年にはJリーグ最優秀選手賞(MVP)に輝いた。...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース