磐田と松本のJ2降格が決定…最終節で5チームにPO行きの可能性


明治安田生命J1リーグ第33節が30日に開催された。注目の残留争いにも大きな動きが出ている。降格が決定しているチームがない状況で迎えた第33節。13位の浦和レッズ(勝ち点36)、14位のサガン鳥栖(同)、15位の清水エスパルス(同)にJ1参入プレーオフ行きとなる16位転落の可能性がある一方、16位の湘南ベルマーレ(同32)と17位の松本山雅FC(同30)がすべての可能性を残す状況。最下位のジュビロ磐田(同28)は、プレーオフ圏の16位のみを目指して戦うことになっていた。ハーフタイ 全文
Goal.com 11月30日 16時26分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース