シュクリニアルを巡る”エル・クラシコ”勃発か…インテルと5月に契約延長も

 バルセロナとレアル・マドリードがインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの獲得に興味を示しているようだ。スペイン紙『マルカ』が17日に伝えている。 5月にインテルとの契約を2023年6月まで延長したシュクリニアルだが、その契約には契約解除違約金が設定されていない。今回両クラブは今冬の移籍市場での獲得を画策していて、条件次第ではインテルも放出を容認すると見られている。またインテル側は今...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース