アザールがランパード監督の手腕を称賛「世界最高の監督になれる」

 レアル・マドリードに所属するベルギー代表FWエデン・アザールが、元チームメイトで現在はチェルシーの指揮官であるフランク・ランパード監督の手腕を称賛した。17日、イギリス紙『メトロ』が伝えている。 ランパード監督は22歳のイングランド代表FWタミー・アブラハムや20歳の同代表MFメイソン・マウント、21歳の同代表DFフィカヨ・トモリといった若手選手を積極的に起用しながら、プレミアリーグでは第12...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース