新天地で苦しむ19歳キーン…父もエヴァートン移籍を後悔「間違いだった」

 エヴァートンに所属するイタリア代表FWモイーズ・キーンの父親が、息子の移籍について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が16日に伝えている。 キーンは2000年生まれの19歳。ユヴェントスの下部組織出身で、昨シーズンはセリエAで13試合出場6得点を記録するなどブレイクを果たした。 今夏の移籍市場でキーンはエヴァートンに加入。しかし、プレミアリーグで未だ無得点と思うような成績を残せず。キ...

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース