ユヴェントスがC・ロナウド問題を早期に収束させたい理由とは?伊紙が分析

ユヴェントスがエースFWクリスティアーノ・ロナウドをめぐる問題の早期解決を願っていると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が11日に論じている。C・ロナウドは今シーズン、ここまで公式戦14試合に出場6ゴールをマークしているが、11月に入ってからは直近の3試合において無得点と沈黙。10日のミラン戦では、55分にFWパウロ・ディバラとの交代を命じられると、腹を立てる素振りを見せてロッカールームへと直行した。さらに試合終了3分前にスタジアムを後にしたと報じられ、批判 全文
Goal.com 11月12日 19時35分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース