「フットボールが一番重要ではなかった」エレーラが古巣マンチェスター・Uへの疑問を告白


パリ・サンジェルマン(PSG)のアンデル・エレーラは、古巣マンチェスター・ユナイテッドへの不満を口にした。2014年にマンチェスター・Uに加入して以降、5シーズンにわたってオールド・トラッフォードでプレーしたエレーラだが、今夏に契約満了に伴い、フリーでPSGに移籍。アレックス・ファーガソン氏が退任して以降、苦しむレッド・デビルズを間近で見てきた同選手は、同クラブのやり方に疑問を感じずにはいられなかったようだ。エレーラはフランス『So Foot.com』で「僕はあの素晴 全文
Goal.com 11月09日 11時10分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース