フィンク監督、神戸の現場で直面する「難しさ」とは?独メディアのインタビューで告白


ヴィッセル神戸率いるトルステン・フィンク監督は、ドイツのニュースポータル『t-online.de』のインタビューに応じ、監督として日本の現場で直面する「難しさ」を明かした。ボルシア・ドルトムント下部組織育ちで、現役時代は主にバイエルン・ミュンヘンで過ごした現在52歳のフィンク監督。2006年にはレッドブル・ザルツブルクのユースの監督に就任して監督業に挑み、後にはバーゼルやハンブルガーSV、オーストリア・ウィーンなどで指揮を執っている。そして今年6月、フィンク監督は神 全文
Goal.com 11月08日 21時29分

関連記事
関連動画

NAME :    この記事に関するコメントを投稿する

本日のサッカーニュース