《19-20ラ・リーガ:第32節》 セルタ vs バルセロナ

タイトル 《19-20ラ・リーガ:第32節》 セルタ vs バルセロナ
サイト内PV数 5pv


2020年6月27日、バライードス。カード7枚。レイ・ハドソン。【補足】95分に画面表示されるピケのカードは、94分40秒辺りの主審への抗議に対して。・バルセロナのアルトゥールが【7000万ユーロ[約84億円](約95億円との報道もある)】でユーベ行きで合意したとの報道。ピャニッチがに[6000万ユーロ[約72億円]】でバルセロナに。なお、この2つの取引に関連性はなく、公式ではトレードではないとされている。(メディアによってはトレードと報じてるが)両選手の評価額には約1000万(約12億5000万)の開きがあって、ユーベがバルサに差額を支払うよう形になる。両クラブともに6月30日までの移籍成立を目指してるが、27日か28日に正式発表するとの報道も。ピャニッチはバルサ行きに前向きで随分前から個人合意しててクラブ間の合意待ちと噂があったが一方のアルトゥールはバルサ残留希望でイタリア行きを拒んでて、一時決裂したと報道あったが合意した理由がアルトゥールは今バルサで年間純給与が300万ユーロ(約3億6,000万円)でユーベ移籍で年間純給与700万ユーロ(約8億4,200万円)が決め手らしい。アルトゥールは、この試合の翌28日にトリノに向かってメディカルチェック受けて、トンボ帰りして30日のアトレティコ戦の練習に参加すると『SKYスポーツ』が報道【知らない人の為に】・セルタのフョードル・スモロフは、冬の移籍市場でロコモティフ・モスクワからローン移籍。・デニス・スアレスも今季から“古巣”セルタへと完全移籍でこの試合“古巣”対決。・“古巣”といえばラフィーニャもセルタへレンタル→昨季インテルへレンタル→今季またセルタにローン移籍中。


.....
関連記事
関連動画

NAME :    この動画に対するコメントを投稿する

その他の本日のサッカーニュース